2018夏・札幌 その3 札幌競馬場

誰ひとり写真を撮っていなかったが「田舎者だと思われて良い」と肝を据えて撮った写真。

札幌競馬場

あまりにも正面から撮りすぎて特徴が見られず、他の競馬場と変わらない感じに写ってしまっていて残念。

 

データ馬券予想の僕には苦手な新馬戦だったので馬券をパスしてパドックを見に行った。

新馬戦直前で次のレースの馬たちがまだ歩いていなかったのでパドックにほとんど人がいなかった。

 

最前列で写真をパシャパシャ撮っていた僕の横に立っていた女性(20歳代後半)がパドック内の警備員を呼んだ。

”えっ、何?この人は変なんですとか言われちゃうの?”

ってドキドキしていたら

「これ掲示したいんです。」

と応援の横断幕をバックの中からとりだした。

 

”札幌だとこの時間でもまだ掲示出来るスペースがあるんだぁ。”

ってローカル競馬を実感出来た。

2018年08月24日