自転車で川崎へ その3

(前回までのあらすじ)

都内でやっているレンタサイクルにこの4月から品川区と大田区が加わった。

「ということは自転車で川崎の手前まで行けるじゃん!」

ってひらめいた僕は仕事場のある下町深川からレンタサイクルに乗ってアメフトを見るために川崎(富士通スタジアム)へ向かった。

 

鮫洲入江広場

 

『鮫洲入江広場』

スタート時に「充電80%」だったレンタサイクル。

ここまで走ってきたら「充電30%」を切りそうな状態。

残りの距離を考えたら最後までバッテリーが持ちそうもないのでここで一旦返却手続きをして、別の自転車に乗り換えた。

 

乗り換えた「充電90%」の自転車が目的地に着いたときには「充電50%」だったので僕の行動は正解。

ただレンタサイクル以外で電動アシスト自転車に乗る機会がないので残りの走行距離を読むのが難しいんだよなぁ・・・。

 

 

 

鈴ヶ森

 

『鈴ヶ森』

ラジオの交通情報を聞いていてよく出てくる地名『鈴ヶ森』。

休日だったこの日も交差点は自動車であふれてごった返していた。

看板に偽りのない混み方を見て

「自転車に乗っているときに見る渋滞は楽しい。」

という気分になっちゃうんだよなぁ・・・。

 

 

 

 

大森海岸駅

『大森海岸駅』

国道15号線の歩道を走っていたら大森海岸駅手前で急に人混みが凄くなった。

(ママチャリで15号線の車道を走る勇気が僕にはなかった)

駅から次々とこちらへ向かってくる親子連れに

「何?お祭り?」

という”田舎から上京してきた人が東京に初めて来たときときあるある”みたいなことを考えながら横見たら『しながわ水族館』の入口があった。

 

暑かったこの日。

「そりゃ水族館だよ。」

って妙に納得した。

子どもたちにとっては魚を見に来たのか?人混みを見に来たのか?わからない感じになるんだろうなぁ・・・。

 

 

平和島

 

『平和島競艇が見えるビル』

ボートファン垂涎の『平和島競艇が見られるマンション』。

「ここがそうなんだぁ。」って嬉しくなってカメラを構えていたらマンションの駐車場の方から

ドォルンルンルンルン・・・ドォルンルンルンルン・・・

という重低音が聞こえてきた。

 

そしていかにもそれっぽい格好をして、とんがったサングラスをかけた二人組がハーレーダビッドソンに跨がって駐車場からこちらから向かってくるのを見て重低音の正体を確認した。

 

マルボロマン2人がどんどん近づいてくるので

「ああ、ボート業界はヤバイもんなぁ・・・撮ってはいけないものを撮ってしまったのかなぁ・・・。」

と最悪の状況を覚悟していたが、ハーレーダビッドソン2台はドォルンルンルンルン・・・と僕の横を通り過ぎていった。

 

田無教習所の横でハシモがバイクに乗ったヤンキーから「おいっ!」って声をかけられて「はい!」と返事してしまった時の気持ちはこんなんだったのだろうなぁ・・・。

 

 

2018年05月11日