僕はあおっていません

時速40キロ制限の片側一車線道路を時速30キロで走行している1ボックスカーの後ろを走っていた。

あおる気は無いので衝突しないように10メートルくらい車間をあけて走った。

 

両側に右折レーンがある比較的大きめな交差点もトロトロと通過する1ボックスカーの後ろについて僕も交差点に進入したら右折レーンにいた車がいきなり右折してきた。

「危ないだろ!」の意味を込めて右折車に僕はパッシングした。

 

その後、先ほどよりも更にスピードを落とした1ボックスカー。

おそらくパッシングを自分に向けられたものだと思ったのだろう。

後ろを向いて走る人はいないので「10メートルの車間で右折車が曲がってきた」という事実を1ボックスカーは知らないのだろう。

僕はあおってないんだけどなぁ・・・。

2019年02月18日