他国の言葉を学びたいと思うとき

コンビニでの会計時、僕の隣のレジで支払いをしていた男性が怒り出した。

購入した菓子パンの温めを頼んだのだが電子レンジの時間が長すぎたようで

「温め過ぎだ!」

って大声を出した。

 

クレームの意味が理解出来ず

「あたためました・・けど。」

と困惑している店員さんの態度が怒りを増幅させているようで男性はますますヒートアップしていった。

 

ただ、男性がどんなに怒っても店員さんには『怒っている』という事以外伝わっていなかった。

だって店員さんは東南アジア出身の人だったから。

 

 

困った店員さんは僕の会計処理をしていた店員さんに助けを求め

「ツマラチー ヌヘテホー。」

と母国語で話しかけた。

それに対し僕の方の店員さんも母国語で言い返し、二言三言キャッチボールした末に隣のレジの店員さんは日本人店員を呼びに奥へ引っ込んだ。

 

僕が見るに

「めっちゃクレームを言われているけど意味わかんない。」

「適当にあしらって帰せばいいのよ。」

「でも怒鳴りまくって帰ろうともしてないよ。」

「聞き流せ。聞き流せ。」

みたいな会話だったと思うのだが残念な事に僕は店員さんたちの母国語がまったくわからない。

 

ああいうとき「ちゃんと外国語を勉強したいなぁ」って心から思う。

そうすれば今回の出来事も3倍楽しめたはず。

2018年12月13日