赤い靴、履いてた

気持ちが良いくらいボケが入っている床屋のマスター。

今回も僕の靴を見るなり

「赤い靴履いてるの?男なのに。」

って言ってきた。

 

同じことを前回も前々回も言われていたので

「そうなんですよ。安かったんです。」

と前回と前々回と同じ答えで返した。

 

「俺は赤い靴は履けないなぁ。」

としつこく絡んでくるマスター。

その展開も前回・前々回と同じなので1ヶ月公演の芝居の稽古ってこんな感じなんだろうなぁ・・・って思った。

2018年10月17日