その男老人につき

仕事場に来たお客さんが知り合いだという中国の人を連れてきた。

甥っ子のおじいさんと噛み合わない会話を繰り広げること30分超。

帰り際、中国の人は甥っ子のおじいさんに向かって

「お元気で。」

とその日一番流ちょうは日本語でそう言った。

 

あまりにも会話が噛み合わないので

”この人は病気なんだな”

って判断したのだろう。

 

あの挨拶は病院の前にある薬局で薬をもらう際に薬剤師からかけられる言葉だもの。

2018年09月12日