我が輩のパンではない

仕事場の近くにあるパン工場。

テレビでとりあげられるたびに行列が出来る。

 

行列が出来る店だから、と遠方が来るお客さんが買ったりするのだが「ついでに」と僕にもくれるときがある。

”僕はもう食べ飽きてるんだけどなぁ・・・。”

と心の中では思いながらもお客さんをガッカリさせるわけにはいかないので

「ありがとうございます。」

と言って受け取っている。

 

帰宅時。そのパンが入った紙袋をぶら下げてコンビニへ入ったら

「あっ、(お客さんもわざわざ行列に並んで)パン買ったんですか?」

ってコンビニの店員から言われた。

 

”並んでないし、買ってないし”

と否定したかったが言えば言うほど言い訳っぽくなるので

「そうなんです・・・。」

という優しい嘘をついた。

 

何だろう?

人間関係を崩さないために嘘を重ねていくこの感じ・・・。

2018年08月01日