引越業者に対する不信感

5年以上前。仕事場の会社寮を引っ越す際に営業所が近くにあったという理由だけで宅急便のヤ○トに依頼した。(現在、その営業所はない)

その時はもの凄く仕事が早い上に完璧で不満など一つもなく感激してしまった。

なのでネズミの館を壊して立て直す際も「前回完璧だったから」と○マトに引越を依頼した。

 

・・・・・・あれ?なんだかおかしい??

今回は完璧とはほど遠く、全く仕事をせず、見積と全然違う金額を請求してくるヤマ○に不信感以外の何も覚えなかった。(金額については違いを指摘したら逆に安くなるという不思議も経験)

 

何もかも仕事が中途半端で指定した場所に置かれていない段ボールを開封し、配置するだけで僕の今年の上半期は終了してしまった。

昨日のニュースで不正が露呈したと聞いても「だろうな」ぐらいにしか思わなかったのは未だに開かずの段ボールに囲まれているから。

2018年07月25日