ブレーキランプの謎解ける

前方を走るクルマが直線道路で何も無い場所なのにブレーキランプを点灯させるケースが最近多い。

「何であそこでブレーキを踏む?」

って後方でそれを見ながら不思議だった。

 

先週。我が家のクルマがリコール修理で工場へ行った。

その間、代車としてe-powerのノートを渡された。

(完全では無いがほぼ電気自動車のクルマ)

 

乗ってみて驚いたのはスムースな加速の方ではなく、アクセルペダルを離すと止まってしまう減速の方だった。

「惰性で走る」が一切無いその走りは違和感以外なにも覚えなかった。

 

で、乗っていて怖くなったのは

「あれ?いつもの感じでアクセルを緩めると思った以上に減速しちゃうけど後方のクルマに追突されちゃうのでは?」

ということ。

いつもよりバックミラーを見る回数が増え、ちょっとしか乗らなかったのにヘトヘトになった。

 

 

我が家のクルマを引き取る際、その疑問をディーラーにぶつけたら

「大丈夫ですよ。追突防止にアクセルを緩めたらブレーキランプが点く仕様になってますから。」

との答え。

何も無い直線でブレーキランプを点けているクルマはそういうことだったのか・・・。

2018年07月10日