酒屋からの質問

甥っ子のおじいちゃんから

「(家飲み用の)酒を買うてきてくれ。」

と頼まれた。

普通なら「嫌だ」と断るのだが仕事場の向かいが酒屋でそんなに面倒ではないので引き受けた。

 

酒屋へ入り、いいちこ(25度)を2本抱えてレジへ行ったら

「お兄さんはいつも買うけどお酒強いの?」

って酒屋の店主に聞かれた。

「いいえ。全く飲めません。ビックリするほどの下戸です。」

という僕の答えに酒屋の店主は絶句していた。

 

恐らくお酒を買いに来るペースから逆算して「おじいちゃんと僕の二人で毎日これぐらい飲んでいるんだろうなぁ」と思っていた酒量は「おじいちゃん1人のものだった」からだろう。

その証拠に

「じゃあお兄さんはお母さんを泣かせなくて済むね。」

って言われた。

酒屋の店主は甥っ子のおじいちゃんのことを「ヤバイ酔っ払い」だと普段から思ってたんだろうなぁ・・・。

2018年06月14日