謎の暗号

東久留米駅西口でバスが来るのを待っていた。

僕の後ろには身長が180センチメートル以上ある男性二人が並んでいた。

 

その二人がお互いスマホをいじりながら会話しているのだが、僕には『謎の暗号』としか思えない言葉を駆使して話していた。

”基本は日本語なのに度々出てくる『謎の暗号』は何なんだろう?”

あまり他人に興味がない僕が気になる位の頻度で『謎の暗号』が出てくるので彼らの方をそーっと見た。

そして彼らに気づかれないように上から下まで見て、なんとなく『謎の暗号』の正体がわかった。

だって彼らのバッグや他の持ち物に『ラブラ○ブ!』のバッジやシールがくっついていたから。

 

ラブ○イバー同士の会話ってこういう感じなんだ・・・。

って勉強になった。

2018年06月11日