ダメ、ダメ。

ショッピングセンターの下りエスカレーターに乗っていた。

上からドン、ドン、ドンと大きな音を立てて誰かが降りてきた。

 

”この音の感じからすると高校生ぐらいの兄ちゃんだな。”

エスカレーターが壊れるんじゃないかという程の大きな音だったので何かスイッチが入ってしまい

「ダメだよ。もっと静かに。」

って僕の横を通過する際に思わず注意してしまった。

 

”しまった。仲間の有無を確認せずに注意しちゃった・・・。”

自分の口から出た言葉をすぐにも回収したかったが、”ここでひるんだらダメだ”と判断し横を通過した人物をじろりとにらみながら

「ダメ。壊れるからダメだから。」

と念押しした。

 

すると横を通過したのはジャンプしながら一段一段降りてきた小学校3年生くらいの男の子だった。

白髪の坊主頭の男性に怒られた男の子は怯える目で後ろにいるらしい親に助けを求めた。

”ここで両親が介入してくると面倒だぞ。”ととっさに判断し

「ダメだからね。ダメ。」

と更に念押し、マナーにうるさいおじさんを演じてその場を去った。

 

確認もせずに相手を注意してしまう癖を直さないといつか若者にボコボコにされちゃうな。

本当は子リスの心臓だから。

2018年02月21日