名残雪

金曜日の夜。

下町深川の雪はすっかり無くなっていたので何も考えずクルマで北多摩の自宅へ向かった。

 

都心を抜け、新宿区に入ったあたりから道路に雪が残っていて

「あっ、まだ雪残ってる。」

と無邪気な感想を述べていた。

 

中野区を抜け、練馬区へ入ったあたりなると雪が残っているどころか道路の根雪が凍っていて

「ちょっと危ないな・・・。」

と不安になった。

 

そして西東京市に入ってからは新青梅街道も轍になっている所以外は『雪』という状態になっていて

「ノーマルタイヤで大丈夫か?」

と運転しながら恐怖を感じた。

 

しかし西東京市を抜けたら急激に雪がなくなり、道路の根雪もなくなった。

おそらく高い建物がなくなったので溶けたんだろう。

 

そういう意味では西東京市が一番「田舎な光景」だった。

2018年01月29日