ミレニアムカウントダウンの秘密

ミレニアムカウントダウンの大晦日。
180センチを越える大きな体を小さく丸めた僕はJR中央線の車内で新年を迎えた。
一緒に騒ぎながら新年を迎えようと約束した友人が新宿コマ劇場前にやってこなかったからだ。

新しい世紀を迎えたと騒がしい車内で1人寂しく座っている・・・。

このやり場のない怒りをどこかへぶつけたい!
だがJR中央線の車内には下駄箱がないので殴ることも出来ない。
まったくもう・・・・・・。



「・・・・・・ふう・・・。危なかった。まさか歌舞伎町で彼女以外の女性とイチャついているところに出くわすなんて。」
男は額から吹き出ていた汗を腕で拭った。

男の前には180センチを越える大男がベッドの上で寝かされ、開頭してむき出しになった脳には何やらたくさんの装置がつけられていた。
「彼女にこのことを話されちゃ困るから持っていた麻酔注射で寝かせ、ここへ連れてきて記憶の改ざんを施したけど上手くいったようだな。」
男はニヤッと笑うのだった。

2017年12月31日