猛暑のせいなのか? パート4

「マイクがオフになっています」と「マイクがオンになりました」しか言わない機械をどうやって操作しろっていうのか?
ムッとした気持ちをぶつけたい気持ちをグッと抑えて
「わかりました。何か面倒な作業が必要なんですね。では、もう処分しようと思うので結構です。」
僕の心が折れてしまったことを素直に伝えた。

するとW田さんは急に慌てだし
「2分ほどお待ちください。」
と言い、電話は保留状態になった。

保留音を聞くこと3分。
「お待たせしました。いま上司に確認したところ修理交換の案件にあたると思われます。ですのであと2つほどチェック作業をして頂きたいのです。」
とW田さん。

明らかに僕がごねて交換を要求した形になっているので
「操作はできないのでチェック出来ません。ですから諦めました。お手数かけました。」
と再度問い合わせを断念したことを伝えた。
それでも「ちょっと待ってください。」とW田さんが粘るので
「じゃあすぐには操作出来ないので動いたら試してみます。それでも動かなかったらまた電話します。」
って自分でも答えになっていないなぁって思いながら電話を切った。


僕が修理・交換にこだわらなかったのには理由がある。
W田さんには黙っていたがgoogle home miniには見切りをつけて我が家には既にamazon echoを設置しているのだ。
そして「アレクサ、ランプを点けて」と明かりを点けたり消したりして遊んでいるのでどうしてもgoogle home miniにこだわる必要がなかった。

僕にとってはgoogle homeよりamazon echoの方が便利なので1個買い足して今では1階と2階に設置している。
amazon echoが唯一負けている点は「くじらの鳴き声は?」に答えてくれないことぐらいかなぁ。

2018年10月19日