2018夏・札幌 その4 札幌競馬場のパドック

札幌と言えばノリちゃんだろう、と近くからパチリ。

札幌競馬場

ノリちゃんだろうって思っていたのにこのレースの馬券を買っておらず1着で入線するノリちゃんをただ呆然とみるしかかなった。

 

新馬戦後の未勝利戦に出る馬たちがパドックに入場してきた。

僕の周りも人がいっぱいになってきたのだが、僕の左横に立っていたおじさん(50歳代後半)がいきなり平然と弁当を食べ始めた。

 

僕の主戦場である東京競馬場のパドックで弁当を食べている人を見たことないので

”札幌はアリなんだぁ・・・。”

って驚かされた。

 

”しかしパドックで弁当を食べるなんてよっぽどの熟練馬券師なんだろうぁ。”

って思っていたらおじさんからいきなり質問を受けた。

「あそこの電光掲示板の騎手の横にある☆とか▲って何?」

 

あまりにも基礎的な質問だったので”僕を試しているのか?”って疑心暗鬼になり

「えっ、あれですか・・・減量の数字を表していると思います。」

って濁した感じの返事をした。

 

僕が質問に即答したことが嬉しかったようで

「馬って暑さに強いの?」

「何であの馬には騎手が乗ってないの?」

「あの馬だけ先に行っちゃうのは何で?」

と質問を連発してきた。

 

そして最終的には

「馬って前輪駆動?後輪駆動?」

と聞いてきたので

”この人は熟練馬券師ではない!競馬初心者だ!!”

って気づいた。

 

そしてこのままだと競馬が終わるまで質問攻めに遭いそうだったので

「完全な後輪駆動です。では僕は馬券を買ってくるので、それじゃあ。」

って言ってパドックから離れた。

 

もちろん怖かったのでその後は一度もパドックに近づいていない。

2018年08月27日