技術の方が

夜、伝統の少ない薄暗い道路をクルマで走っていた。
見通しの良いT字路を右折した瞬間、道路脇からネコが飛び出してきた。

「あっ、轢いちゃう・・・。」
割と冷静に最悪の事態を思い浮かべながらアクセルからブレーキに右足を移して力委いっぱい踏み込んだ。

キュッという音もなく停止したクルマの前をネコが通り抜けるのを確認して
「良かった・・・轢かなかった・・・。」
と胸をなで下ろした。


胸をなで下ろしながら僕は気づいてた。
僕がブレーキを踏む前に自動ブレーキシステムが作動してクルマが停まっていた事を。

僕の運転技術よりも機械技術の方が優秀なんだよなぁ。
老人が運転するから、と付けておいた機能に助けられた。

2016年12月25日