64年ぶりダービー牝馬ウォッカ死亡

2006年の11月。

サッカーだか格闘技だかを見て北多摩へ帰るJR中央線に乗っていたとき

「まだ1勝馬だから抽選になっちゃうと思うけど阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に出られたらウォッカが勝つと思います。」

って後輩Nくんが言った。

 

後輩Nくんの馬券情報は「サイン」とか「母音」とか怪しげなものが多かったがこの時だけは自信満々に

「能力の違いでウォッカが勝つ」

と言い切った。

 

もうこの頃は僕の競馬ブームのピークを過ぎていて中央競馬登録馬全頭のデータが脳内に入っている状態ではなく

「ウォッカっていう馬がいるんだ。」

ぐらいな感じで後輩Nくんの話を聞いた。

 

そして翌週。

阪神JFをウォッカが楽勝した。

後輩Nくんの情報通りの強さで「あいつはどこから情報を仕入れていたのだろう」って脱帽した。

もちろん僕は後輩Nくんを逆の意味で信頼しているのでウォッカから馬券を買っていなかったため的中することはなかった。

 

これが僕のウォッカちゃんの思い出。

2019年04月04日