カーリング女子世界選手権 日本×韓国

もう肉体面での疲れが完全にピークを越えているのはテレビ画面を通してでもわかる。

そのため頭で考えたプレーが全く出来ない状態で自滅している場面が多い。

若いチームなのでこの経験が今後に生きれば良いのだが『1991年度生まれの選手たち』の層が厚いのでこの子たちに国際大会へ出る順番がもう一回まわってきそうも無いんだよなぁ・・・。

 

「若いから仕方ない」はわかるんだけど『プレー選択ミス』が相変わらず目立つ。

五輪金メダルチーム・スウェーデンと互角に戦っていたあの試合も日本が2点負けていて

『第7エンド お互い残り2投 ハウスにはガードに守られていない石が一つ 日本が後攻』

という場面で安易に得点をとりにいってしまった。

 

あのエンドだけ考えれば選択ミスでは無いけれど、試合全体を考えれば

『2点負けているけどブランクエンドにして相手の攻撃を1回だけにする』

という選択もあったと思うんだけどなぁ。

 

最終スコア

日本代表 5-9 韓国代表 @ノースベイ(カナダ)

2018年03月23日