新潟は球数制限「やる方向」高野連が再考申し入れも

日本の高校体育をまとまって運営している全国高等学校体育連盟に参加していない愚連隊である日本高等学校野球連盟なる組織が

”高校生のケガを防ぐよりも組織のメンツが大事”

という声明を出している。

 

その声明の中で

”投手の投球数制限をすると部員数の少ない学校が不利”

というもっともらしいことを言っているが、それって

「少子化で学校単位のチーム編成はもう無理」

と自分たちで言っているにすぎない。

 

欧州型の地域のクラブチームでスポーツをする時代に移らないといけない時期がやってきた。

でもサッカーも学校スポーツがなくなってないから難しいのかなぁ。

2019年02月21日