カーリング日本選手権決勝

藤澤・市川の主力選手が抜け空中分解状態だった中部電力。

若手が徐々に力をつけて上位に戻ってきただけでも驚いたのに遂には女王ロコ・ソラーレ(LOCO SOLARE)を寄せ付けない圧勝での優勝。

「凄い」の褒め言葉しか思い浮かばない。

そして空中分解を防いだ清水絵美マネージャー(試合時はリザーブ登録)をもっと褒めてあげるべき。

 

空中分解時に長岡はと美コーチも抜けて、売りだった「攻撃的カーリング」の看板を下げてしまった中部電力。

しかし長岡門下の両角友佑コーチを迎えて「超攻撃的カーリング」となって帰ってきた。

自身が志向するカーリングを目の前で見せられて藤澤五月もつられていつもより攻めた組み立てをしていたが

「練習でしていない事を本番でするもんじゃない」

という結果になってしまった。

 

あと、プレイオフで負けてしまったが富士急のレベルアップが目に見えてあがっていた。

去年は物足りないしか感じなかったスキップの小穴桃子が頼もしく見えた。

「四強って言われているけど三強じゃない」って大会前に思っていたのを謝りたい。

 

で、準決勝で敗れた北海道銀行。

戦い方が完全にひと昔前だった。あれだけのメンバーなのに残念。

 

最終スコア

ロコ・ソラーレ 3-11 中部電力 @どうぎんカーリングST

2019年02月18日