NFL AFCチャンピオンシップ

早朝(日本時間)にやっていたNFCのチャンピオンシップも素晴らしい内容だったけど、その後に行われたAFCチャンピオンシップは凄かった。

「アメフトを見た事ない」とか「アメフトの面白さがわからない」とか言っている人に「これがアメフトだ!」って見せたい試合だった。

 

それにしてもニューイングランド・ペイトリオッツ。

今シーズン序盤はレシーバー不足・守備陣ガタガタで「こりゃ今年はないな」って思ってた。

しかもシーズン終盤はレシーバー不足に輪をかけてQBトム・ブレイディが故障して「地上戦に徹する」カレッジフットボールみたいな試合をしていて「こりゃ絶対ないな」って確信した。

 

それがプレイオフに入ってから

レシーバー不足はWRジュリアン・エデルマンの復調でカバー

守備陣ガタガタはライオンズに捨てられた男ことLBカイル・バンノイを中心に建て直し

地上戦に徹していた間にランプレーが出るようになって攻撃のバランスが良くなって

AFCを優勝してしまった。

スーパーボウルへ向かって調子を合わせていただけなのか?僕の目が節穴だったのか?

 

でもNFCチャンピオンのロサンゼルス・ラムズも強い。

攻守共にバランスが良いのでペイトリオッツに見劣りしない。

スーパーボウル楽しみだなぁ。

 

だけどセインツVSチーフスの「超攻撃的対決」も見てみたかったなぁ。

2019年01月22日