NFL WEEK9 ペイトリオッツ×パッカーズ

ただでさえ今シーズンはレシーバー不足だ、と言われているのに”困ったときの”TEグロンカウスキーが欠場のペイトリオッツ。

パッカーズの圧勝もあるかなって思いながら見ていたけど地力はあるので同点のまま後半へ。

 

試合開始直後から「年齢を重ねてしまったクォーターバックあるある」の『動きや判断がちょっとずつ遅い』QBブレイディが好機を得点に結びつけられず”そろそろ引退かも”の文字が僕の頭にちらついた第4クォーター。

ブレイディが投げたパスが完全にフリーだったWRエデルマンの頭上を越えていったので

「あっ、またオーバースローだ。」

と引退を確信したら奥にいたWRジョシュ・ゴードンがそのパスをキャッチ。

横についていたディフェンスを振り切ってジョシュ・ゴードンそのままエンドゾーンまで駆け抜けタッチダウンしたのを見て

「狙ったのか?ミスなのか?わからないけど、あそこで決めちゃうのがブレイディなんだよなぁ。」

って勝手に引退させてごめんと心の中で謝った。

 

それにしても飲酒運転や薬物でキャリアを棒に振ってきたジョシュ・ゴードンがペイトリオッツで活躍するなんて。ますますチームの「ヒール感」が増してきたな。

 

最終スコア

ニューイングランド・ペイトリオッツ 31-17 グリーンベイ・パッカーズ @ジレットスタ

2018年11月06日