天皇杯3回戦 新潟×FC東京

なぜ先に失点する?

絶不調のアルビだから逆転できたけど、J1勢ならやばかった。

余裕を持ちすぎたのか?

 

 

話は変わって久しぶりにW杯の話。

準決勝を『ミ式蹴球戦術』で戦ったフランス。

※『ミ式蹴球戦術』とは・・・

ミハイロ(ミシャ)・ペドロヴィッチ監督(現・札幌)が用いる大外のウイングバック2人が守備時に下がってきて3バックから5バックになる戦術(守備的MFが下がる場合もある)

 

世界中のサッカージャーナリストから「守備的」と言われているのを見てホッとした。

ミシャが記者会見で「攻撃的だろ」を連呼するものだから日本のサッカージャーナリストは『ミ式蹴球戦術』を「攻撃的」だと思い込んでいることに以前から違和感を覚えていたから。

やっぱり『ミ式蹴球戦術』は「守備的」だよね。

 

フランスが勝ち上がっているし、去年はチェルシーがプレミアリーグを獲ったので『ミ式蹴球戦術』が間違っているとは思わない。

けど「攻撃的」ではないよ。やっぱり。

 

最終スコア

アルビレックス新潟 1-3 FC東京 @ビッグスワン

2018年07月12日