YBCルヴァン杯1次リーグ FC東京×横浜FM

一度受け身になるととことん受けてしまうFC東京の悪い癖がモロに出てしまった。

リードしているのだから「ゆっくり攻めて」良いのに攻め急いで相手にチャンスを与えちゃうんだよなぁ。

 

レギュラー奪還をアピールする意味でもコースケ(太田宏介)にはもっと攻め上がって欲しかった。

バランスなんて崩して良いじゃない。

キャプテンマークを巻いたからって落ち着く必要なんてないよ。

”攻めてナンボのサイドバック”であることが売りなのに。

 

最終スコア

FC東京 2-2 横浜Fマリノス @味スタ

2018年04月19日