J1第8節 C大阪×FC東京

去年は手も足も出なかったセレッソ大阪と五分に戦えたのは今シーズンの上乗せを実感。

だけどDFとGKの意思疎通ミスを突かれての失点はもったいなさ過ぎた。

 

好調な選手を先発に使う、というケンタ監督の方針はわかるけどナガイ(永井謙佑)ケーマン(富樫敬真)のコンビだと「軽すぎて」相手へ脅威を与えられなかった。

組み合わせって難しい。

 

あと昨シーズンはあんなに溌剌とプレーしていたC大阪の選手たちが辛そうにプレーしていたのが気になった。

欧州リーグでもそうだけど「前へ強くのサッカー」は1年目は良いけれど2年目になると辛そうなんだよなぁ。

選手たちは「いつまでやれば良いのか?」という気分になっちゃうんだろうなぁ。

 

最終スコア

セレッソ大阪 1-0 FC東京 @ヤンマー

2018年04月16日