F1オーストラリアGP

シーズン前テストで「好調」が伝えられたトロロッソ・ホンダの2台が最下位・リタイアという散々な結果。

マクラーレンのアロンソの「ほら、な。」とほくそ笑む様子が頭に浮かび、触れずにスルーしようと思ったオーストラリアGP。

 

ただ「差が11秒しかなかったのにピットアウトしたら先頭でベッテルが戻れた」ところだけは面白かった。

結果だけで説明すれば

『ヴァーチャルセーフティーカーでゆっくり走っていたハミルトンに対し、通常速度でピットレーンを走れたベッテルの方が速かった』

だけなんだけど現場は「何が起こった?」と完全にパニック状態だった。

ああいうことがあるから「追い抜きがないサーキットでつまらないけどF1中継は生で見なくてはいけない」んだよなぁ。

2018年03月28日