J1第4節 FC東京×湘南

開幕から守備は破綻していなかったので先取点をとった時点で「勝てる」という雰囲気がチーム内に流れるのは良い感じ。

結果、その通りになったし。

 

ルヴァン杯ではベンチ外だったモリゲ(森重真人)ケンタ監督(長谷川健太)から与えられた課題をちゃんと理解して「積極的にDFラインを上げていた」ことは本当に素晴らしい。

 

他にも絶対レギュラーな両サイドバック(室屋成、太田宏介)が控えに回されていて

「絶対なんてないよ。」

というケンタ監督の意思表示がしっかりと感じられた。

これを受けてセイコースケが”変わるのか”?”腐るのか”?が本当に問われる。

もちろんポジティブな方を期待しているし。

 

 

最終スコア

FC東京 1-0 湘南ベルマーレ @味スタ

2018年03月19日