YBCルヴァン杯 FC東京×新潟

「18本シュートを放って枠内は1本だけ」

という数字が全てを物語っている試合。

相変わらず「悪くは無いけど良くもない」というゲーム内容だった。

 

スポーツ新聞はタケ(久保建英)の『J1公式戦初ゴール』の記事ばかりだったけど僕としては

ヒョンス(チャン・ヒョンス)マル(丸山祐市)のセンターバックコンビが最後までDFラインを高く保っていた』

ことを評価したい。

 

J2に降格して以降『モリゲ(森重真人)が神経質になりすぎて必要以上にDFラインを下げてしまう』という状況をケンタ監督(長谷川健太)『問題』だとしっかり把握してくれているようだ。

ベンチ外でスタンドの上から試合を見ていたモリゲケンタ監督のメッセージはしっかり伝わったのだろうか?

 

最終スコア

FC東京 1-0 アルビレックス新潟 @味スタ

2018年03月15日