ルヴァン杯 1次リーグ 横浜FM×FC東京

開始3分間は完璧だった試合。

ただ1分後に失点してしまってからは「混乱に陥り」目も当てられない状態だったけど・・・。

あの攻め倒した3分間を90分間やってくれたら「負けても許しちゃう」んだけどなぁ・・・。

 

 

噂には聞いていた「パスサッカーを志向している」横浜FM。

パスサッカーというよりも「スペースを意図的に作る」サッカーだったのでモロ僕好みだった。

日本人指導者は「スペースを作る」より「スペースを埋める」ことに注力しちゃうからJリーグはつまらない試合ばかりになっちゃうんだよ。

 

高く上がったDFラインや偽サイドバックによって大きなスペースが至る所に出来るサッカーはやっている選手たちの勇気が試されるなぁ。

でも自分たちが意図的に作ったスペースを相手に使われないように前線からプレスを要求されるあのサッカーは『日本の夏には不向き』だから夏場の失速が怖いなぁ。

好みのサッカーだから頑張って欲しいんだよ。

 

あと解説の清水秀彦氏。

ネガティブな発言しかしないのはいつものことだけどFC東京のことを何回「ガンバ」って言ってるんだよ!

監督だけしか見てないのかっ!!

あとタケ(久保建英)へのヨイショが露骨でひどい。

 

最終スコア

横浜Fマリノス 1-0 FC東京 @ニッパツ

2018年03月08日