J1第1節 FC東京×浦和

「やっぱり4バックの方がやりやすいンだなぁ。」

が試合を終えたときの感想。

やりやすいためリスクを冒すより安定を選んじゃうから見ていて「鈍重」な印象を受けてしまう。

篠田元監督はそれが気に入らずに3バックへ移行したけどあれはあれで不安定過ぎたし・・・。

 

恐らくケンタ監督(長谷川健太)篠田元監督のような『急激な変化』を望まず、『緩やかな積み重ね』を狙っているのだろうからとにかくW杯中断までは我慢の連続だろう。

 

 

それよりも相手の浦和レッズ。

堀監督が「現状打破」のために4バックを採用しているが明らかに人材不足。

遠藤の右サイドバックと宇賀神の左サイドバックでは推進力が足りなくてFC東京を楽にしてくれた。

やっぱり宇賀神は一列前で怖さを発揮するし、遠藤はもうちょっと中にいないと仕事ができない。

このままだと昨シーズンのFC東京の二の舞になっちゃうよ。

あんなに出来の悪かったFC東京に引き分けちゃうって・・・。

 

 

最終スコア

FC東京 1-1 浦和レッドダイアモンズ @味スタ

2018年02月26日