平昌五輪 カーリング女子一次リーグ 日本×米国

試合後のインタビューでスキップの藤澤五月が

「もっと意識するかと思ったが五輪もいつもどおりやれた」

的なこと言っていたらしい。(※新聞記事なので細かいニュアンスはわからない)

 

でも試合前の選手紹介時に青い顔している藤澤を見て

「ああ、いつもの大舞台の時と同じだな・・・。」

と僕は思ったんだが。

 

 

試合の方は米国が自滅してミスを連発して楽勝パターンだったのに

”点差が開いたから逆に慎重に”

という意識が強すぎて点差ほど楽に勝たせてもらえなかった。

 

LS北見は雑草軍団だけど、もうちょっと「調子に乗って良い」っていつも感じる。

 

 

それよりも驚いたのがオリンピック・アスリート・フロム・ロシア。

「シドロアVSミュアヘッドを見るためだけに生きている」

のに出場しているチームがビクトリア・モイセーワがスキップをしているチームが出場していた。

 

慌てて調べたら昨年末の軽井沢国際直後にロシア代表決定戦があってシドロワのチームは負けてしまったとのこと。

年末年始はテレビやネットを見ずにひたすら『段ボールを開けていた』ので知らなかった・・・。

そしてシドロワVSミュアヘッドが見られなかった時点で僕の中の平昌五輪は終わった気が・・・。

 

最終スコア

日本 10-5 米国 @江陵カーリングセンター

2018年02月15日