カーリング女子世界選手権 日本×イタリア

1日2試合が続くので見るだけで大変。

それ以上にやっている選手たちの方が大変で完全に疲れが見えている。

 

それも肉体面以上に精神面の疲れがひどくて第5戦が終わった辺りから「心ここにあらず」な瞬間が多々見られる。

 

富士急(チームフジヤマ)は若いチームだから『経験を積んでいる』段階なのは理解できるんだけど、日本代表で出場しているだけに「もうちょっと踏ん張って」と言いたくなっちゃう。

 

疲れが顕著に出ているのはスキップの小穴桃里選手。

プレーの選択が明らかにズレている。

そのせいで自分が投げるときに苦しい状況に陥っているし・・・。

 

今の小穴選手を見ていると「23歳の時の藤澤五月選手はどっしりしていた」んだなぁを知る。

大きな大会になると青い顔になってたけどプレー選択ミスはほとんど無かったし。(技術的問題で思った通りのプレーが出来ていなかったけど。)

 

 

最終スコア

日本代表 8-6 イタリア代表 @ノースベイ(カナダ)

2018年03月22日