『カウントダウン小説』うちのおとーたん

題名『うちのおとーたん』

学校名「ベイサイド小学校3年2組」 氏名「しげたれいこ(仮名)」


うちのおとーたんはやさしい人です。
おねーちゃんやわたしのレッスンの日には送りむかえしてくれるし、おいしい食べ物のお店につれていってくれます。

そんなおとーたんも「ちこく」にはきびしいです。
むかし「セーキマツ」とかいう時代がおわる「みれにあむ・かうんとだうん」とかいう日にちこくしてお友だちに怒られたのがこたえたようです。

「あのとき俺が遅刻しなかったらコマ劇場の脇でアイツが凍え死ぬことも・・・。」
その話をするたびにおとーたんはナミダをながすのでこれ以上はくわしく聞けません。

いったいおとーたんに何があったのだろう?
けいばばっかりやっていたろくでもない友だちが死んだくらいでなみだを流すなんておとなってフシギです。

フシギと言えば「あいどる」って女の人しかいないと思っていたのに
「男の人もいるんだよ。」
とおとーたんが教えてくれました。

おとーたんは本当に何でも知っています。
ただ「オペンホウゼ」は新しいガイシケイ会社だと思っていたみたいだけど・・・。
(今年の分、おわり)

2016年12月31日