二中ルール(旧西原踏切)

『かつて中央線にあった開かずの踏切。それが原因で遅刻する生徒が無理をしないように、自己申告により遅刻を免除されるという二中(武蔵野市立第二中学校)ルールがありました。申告する生徒とそれを信じる先生の信頼関係と誇りは、今も学校に息づいています』

 

中央線高架の柱に書いてある豆知識。

これだけ読むと「武蔵野二中出身者はさぞ立派な人」だと思われる。

 

でも実際に武蔵野二中出身者を頭で思い浮かべると

あの人、あの人・・・そしてあの人・・・。

 

書いてあることが全て真実ではないんだなぁ・・・。

整然と並ぶと


 

 

2018年06月06日