ブログ(ニュース)

ニュース2019

またまたカーリング女子世界選手権2019

体調不良は続いているので帰宅してカーリングを見続けるだけの生活を送っている。

日本代表の中部電力は世界選手権に初出場している3人が「世界大会特有の苦しみ」をモロに受けていて見ているこっちまで苦しくなっている。。(実際には出場経験のある松村選手も受けているので全員)

 

全く息の抜けない相手と毎日試合をするため「体力」だけでなく「知力(脳)」のスタミナも削られていき、いつもは当たり前に出来る事が出来なくなっている。

でもこれは先代の中部電力もロコ・ソラーレも昨年の富士急も世界大会初出場時に受けていた苦しみでこれを経験する事で明らかに一皮むける。

今年の日本選手権での富士急は経験を経た事で「たくましさ」が感じられたくらいだし。

 

日本選手権にあと1つ強豪チームが出てきてくれれば国内にいるときから「体力」と「知力」のスタミナを磨く機会が増えるんだけどなぁ。

2019年03月22日

BIGBOX高田馬場の壁面がリニューアル

ビッグボックスの壁面が「赤」から「青」に。

久々に高田馬場へ行った人が「赤いビルの前で待ち合わせ」した場合、待ち人と会えない可能性が出てきた。

 

まあ、甥っ子なんかは「ビッグボックス=赤いビル」ということすら知らないので高田馬場駅で待ち合わせしたときは「JR早稲田口改札前」にしたけど。

2019年03月20日

カーリング女子世界選手権2019

せっかく体調が戻ってきたのにカーリング女子世界選手権が始まってしまいテレビをずっと見ているので眼精疲労。

そしてそこから再び体調下り坂中。

 

五輪翌年で各国のチームが若返りしているのが今回の特徴。

日本も若いチームが勝ち上がっているんだけどそのせいで大問題が発生。

スコットランドのチームがイブ・ミュアヘッドではない・・・。

 

ミュアヘッドがいない世界選手権なんて「クリープをいれないコーヒー」と言いたいところだけど僕はクリープの癖のある味が苦手なので入れないためその例えが当てはまらない。

「カズのいないフランスW杯」もちょっと違うし、「百瀬博教のいないPRIDE」も違うしなぁ・・・。

よい例えが思い浮かばない。

2019年03月19日

J1第4節 FC東京×名古屋

今シーズンはじめからチームに対し文句ばかり書いてきた。

しかし昨日の試合は「速さ」「強さ」「気持ち」の全てがこれまでより一段上で文句のつけようがなかった。

全ての試合が昨日と同じだったら一年間ハッピーな気持ちで僕は過ごせちゃう。

 

ただもうすぐ気温が高くなるので疲労の蓄積が・・・。

昨年はそれで失速しちゃったから・・・。

 

それにしてもヨネ(米本拓司)が違うユニフォームを着て味スタでプレーしていることの違和感はすごい。

もともと「城福監督(当時)のボールを握るサッカーをやりたいから」ってFC東京に入団してきた選手なのでケンタ監督がやっている今のサッカーではなく、握るのは前提以前の話というサッカーをやっている風間監督のチームに心を奪われたヨネの気持ちは理解できる。

でもやっぱり違和感が凄くて・・・。

FC東京戦以外なら活躍してもらって構わないので頑張って欲しい。

 

最終スコア

FC東京 1-0 名古屋グランパス @味スタ

2019年03月18日

YBCルヴァン杯1次リーグ第2節 仙台×FC東京

あまりの不甲斐なさに脳内から試合があった事自体を消去してしまい昨日書き忘れた。

 

「高い位置でボールを奪ってすぐに前へ」というケンタ監督の戦術がバレバレなので対策をたてていた仙台に好きなように攻められてしまった前半に2失点。

試合後の会見で「後半は攻められた」とケンタ監督はおっしゃっていたが後半開始直後から「2点を護る」ことしか考えていない仙台がラインをベタ引きでブロックを形成していたから攻めているように見えただけ。

 

もうこっちの手口はバレバレなのだから「ピタッとボールを止める」「ビシッとパスを決める」など一つ一つのプレーの精度を極限まで上げていかないと。

ほら、また愚痴ばかり・・・。

 

最終スコア

ベガルタ仙台 2-1 FC東京 @ユアスタ

2019年03月15日

BIGBOX高田馬場のキャンドゥが閉店

北多摩から西武新宿線に乗った後

「あっ、タオル(ハンカチ)持ってくる事忘れた。」

と気づいたときに重宝してたのがBIGBOX高田馬場のキャンドゥ。

108円でタオルを買えるから。

デブは汗をかくのでタオルがないと1日を過ごせない。

 

それが閉店し、ロフトが開店するとの事。

ロフトだと108円でタオルを買えないなぁ・・・。

2019年03月14日

オープン競走のリステッド格付け

甥っ子の前で競馬をしないと誓って6年目。

年々競馬に疎くなっていて、いまやG1でも知らない馬が出走しているレベルになっている。

 

先週末、スポーツ新聞の競馬欄を読んでいてレース名の下に「(L)」という見慣れない表示があることに気づいた。

紙面の隅の方に解説が載っていて

『競走体系上および生産の指標としてグレード競走に次ぐ重要な競走であることを明示するため、2019年春季競馬から、オープン競走の一部をリステッド競走と格付けいたします。』

とのことだった。

 

オープンにも格付けがハッキリする時代がやって来て、ますます取り残された感が強くなっている。

2019年03月13日
» 続きを読む