ブログ(ニュース)

ニュース2018

J1第15節 鳥栖×FC東京

FC東京在籍時に時々見せていた

全てのボールを止めてしまう確変状態の権ちゃん(権田修一)

をFC東京戦で発動しなくても・・・。

 

後半の途中から

「今日はもう点が入らないな。」

って諦めるほど権ちゃんはあたっていた。

 

それでも失点せずに引き分けに持ち込んだ守備陣を褒めたいのだが、どうしても点がとれない攻撃陣を責めたい試合だった。

でも不甲斐ないって程じゃないし・・・。

評価が難しい試合だったなぁ・・・。

 

最終スコア

サガン鳥栖 0-0 FC東京 @ベアスタ

2018年05月21日

米海軍病院船「マーシー」、来月16日に見学会

来月、東京港大井水産物埠頭で見学会が開かれる米海軍病院船「マーシー」。

名前のイメージだけなんだけど

「何か体内に取り入れてはいけない白い粉を処方」

されそう。

あくまでも名前のイメージだけ。

2018年05月18日

YBCルヴァン杯1次リーグ FC東京×仙台

年に一回あるかないかの

『玉砕覚悟で攻め倒せる公式戦』

だった。

なのに前半はバックパスばかり・・・。

 

9点とられても10点とって勝てば良い、という気持ちで選手がのぞみ攻め倒してくれることを期待してたのに。

攻めの姿勢は出ず、出たのは『血』ばかりだった・・・。

 

 

最終スコア

FC東京 0-1 ベガルタ仙台 @味スタ

2018年05月17日

悪質反則は監督指示、日大アメフト選手退部決意

こんなに大きな話題になると思わなかった日大フェニックスのレイトタックル問題。

先週、まだ情報がそんなにない時点でこの件について書いたら

「あれは監督がダメなのかな?(要約)」

というメールがノグから速攻で届いた。

僕もそうだろうとは思っていたけど日和って書かなかったこの件の真の問題をズバリ指摘したノグはさすが競技経験者。

 

仕事場へ良く来る立○館大アメフト部OBの人の話だと

「篠竹監督時代の強い日大と練習試合をしたとき、当時弱かった立命○大がタッチダウンを奪うと攻撃側と補欠の選手たちが守備側の選手たちをグルリと取り囲んで試合中にもかかわらずボコボコにしていた。」

そうなのでイズムはずっと引き継がれているんだろうなぁ・・・。

 

あとこの件で業界通という立場で近藤祐司さんがワイドショーに出演していたのには驚いた。

まさかこんな形で名前が広まるなんて。

2018年05月16日

武蔵野と狛江で1086円差

狛江市に比べて武蔵野市の方が1086円給食費が高いとのこと。

 

高校へ入学したとき

「武蔵野市民は羽振りが良いなぁ・・・。」

って衝撃を受けた経験がある僕にとっては納得の結果。

 

 

あの頃田無市民はお米がとれなかったから”ひえ”や”粟”を食べていたのに武蔵野市民は”白いまんま”をお腹いっぱい食べていたもんなぁ。

2018年05月15日

J1第14節 FC東京×札幌

現在札幌を率いるミシャ(ミハイロ・ペトロビッチ監督)のチームと対戦すると

「FC東京の4バックとミシャの3バックにギャップが生まれそこを突かれる」

が繰り返される。

 

昨日もギャップを使われて何度かピンチの場面があった。

ミシャの浦和時代は選手のレベルが高かったのでFC東京が一方的にギャップを突かれて防戦一方だったが、札幌相手だとこっちもギャップを突いて何度も攻められた。

 

こっちにギャップが出来るってことはあっちにもギャップが出来るってことを何で今まで気づかなかったんだろう。

ミラーゲームとかやっちゃう時点で相手にのまれていたんだな。

 

最終スコア

FC東京 0-0 北海道コンサドーレ札幌 @味スタ

2018年05月14日

サクソンウォリアーが英2000ギニー優勝

日本産まれのディープインパクトの仔が英国クラシックレースで優勝。

しかし日本最大の馬産グループのトップは喜ぶことなく

「ディープインパクトの種がクールモアへ渡ってしまった(要約)」

ことを嘆いていた。

 

浪漫あふれる先代と違い『競馬は家業』に過ぎない二代目は相変わらずの経済優先。

僕の競馬離れはますます加速しちゃう。

2018年05月11日
» 続きを読む