ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ2018

そっちかい

西武新宿線に乗るためにホームで並んでいた。

隣の列で父親に抱かれ大泣きしている男の子がいて

”ああ、電車に乗るのが嫌なんだな。”

って思った。

 

電車がやって来て車内に入っても男の子は泣き止まず

”そんなにまで電車に乗るのが嫌なのか。”

って思った。

 

次の駅で父親に抱かれたまま電車を降りていく姿が見えたので

”これで泣き止むだろう”

と思っていたら先ほどまでより一段階上の声量で泣き出して

「いやだぁ~!でんしゃ、おりたくな~い!!」

と叫んだ。

 

ええ?!

電車に乗りたくなかったのではなく、一駅しか電車へ乗れないことに乗る前から泣いてたの??

 

先のことを考えすぎている男の子は大人になるにつれ苦労するだろうなぁ・・・。

2018年05月21日

フランチャイズ

スポーツニュースを見ていた下の甥っ子が質問してきた。

「日ハムってさあ、ときどき東京ドームで試合をしてるけど契約か何かあるのかな?」

 

何に疑問を持っているのかわからずに

「どこが引っかかってるの?」

って聞き返したら

「北海道のチームなのに東京で試合をする意味がわからない。」

というのを聞いて理解した。

 

平成も10年代生まれの甥っ子はかつて日本ハムのホームが東京ドームだったことを知らなかったことを知り

「東映フライヤーズが駒沢球場で試合をしていて話をしていたお爺さんに近づいてきた・・・。」

と自分の老いを再確認させられた。

2018年05月18日

読書感想文

モゲから雑誌が届いた。

『日米最新スタジアム特集』という記事に僕が興味があるだろうと送ってくれたのだ。

早速読んでみて感じたのは

「米国のスケールのでかさにはバカ負けしちゃうな。」

だ。狭い日本で同じことをするのは難しそう。

 

で、記事ではあまりクローズアップされていなかったけど僕が気になったのは

「米国では新しいスタジアムの隣にホテルも一緒に建てられる」

ということ。

そのホテルは遠くから来るアウェー(ビジター)客を目当てに建てるのではなく、その都市にあまり近くないが1泊してなら観戦出来るような客を狙っているというのだ。

 

そういう客を取り込めれば「自然にフランチャイズの範囲が拡大していく」という考え方に『地元密着』を強調しすぎて自らパイを狭めちゃっている日本のスタジアムは負けちゃってるなぁ・・・。

 

2018年05月17日

親の心子知らず バーガー編

下の甥っ子が「一度も行ったことがない」というのでバーガーキングへ。

「ここはワッパーていうのが目玉になっている。」

って説明したのに甥っ子は

「ビーフのチーズバーガー。」

と注文していた。

 

一口食べて

「マックのチーズバーガーと同じだ。」

という感想を述べていたが、おじさんは「ワッパーが目玉」って言ったよね?

2018年05月16日

自転車で川崎へ その5

180515hasi

(前回までのあらすじ)

都内でやっているレンタサイクルにこの4月から品川区と大田区が加わった。

「ということは自転車で川崎の手前まで行けるじゃん!」

ってひらめいた僕は仕事場のある下町深川からレンタサイクルに乗ってアメフトを見るために川崎(富士通スタジアム)へ向かった。

 

環八

 

『環八の京急踏切』

免許を取り立ての頃、首都高が苦手な僕は羽田空港へは環八を使っていた。

その時どうしても京急の踏切で渋滞するので

「いかにここを通らないで抜けられるか?」

という抜け道探しに必死だった。

 

抜け道を使ったところでそんなに時間が変わらないって今ならわかるんだけどなぁ・・・。

 

 

 

六郷大橋脇

 

『六郷橋』

大田区と川崎市を結ぶ六郷橋。

それまで車道を走っていたロードバイク集団が「さすがに橋上で車道を走るのはまずい」って思ったらしく側道に逃げてきた。

ただ歩道への入り方がわかりにくかったので7~8台のロードバイク集団が右往左往してしまい自動車の走行を妨げていた。

1度多摩川の土手へでてから歩道に入るというつくりはわかりにくいよなぁ・・・。

 

 

 

打ちっぱなし

『打ちっぱなし』

六郷橋のたもとにあるゴルフの打ちっぱなし。

多摩川の河川敷で川へ向かってボールを打つだけの広場だった。

ゴルフの打ちっぱなしに関しては北多摩の設備の方が上だな。

 

 

 

REC

 

『都県境』

六郷土手駅近くのポートでレンタサイクルを返却し、歩いて六郷橋を渡った。

都県境を越える瞬間思った。

「こっち側で事件を起こしてもここをまたいだ瞬間捕まらないんだろうなぁ。」

 

警視庁と神奈川県警が仲良くなる日ってくるのかなぁ・・・?

 

(川崎に到着したので終了)

2018年05月15日

自転車で川崎へ その4

180514pio

(前回までのあらすじ)

都内でやっているレンタサイクルにこの4月から品川区と大田区が加わった。

「ということは自転車で川崎の手前まで行けるじゃん!」

ってひらめいた僕は仕事場のある下町深川からレンタサイクルに乗ってアメフトを見るために川崎(富士通スタジアム)へ向かった。

 

1日中山道

 

『旧東海道』

歩行者を気にしながら国道15号線の歩道をしばらく走っていたら

「旧東海道」

とう表示が見えた。

 

国道15号線を斜めに入って「旧東海道」を走って

「ああ、昔の東海道はここだったんだぁ。」

と町並みを見ながら納得。

 

そして

「せっかく川崎へ向かうんなら初めから東海道に沿って走れば良かった。日本橋からスタートして。」

ってちょっぴり後悔しちゃったなぁ・・・。

 

 

 

 

大田区総合体育館

 

『大田区総合体育館』

プロレスの前売り券情報でよく見かける大田区総合体育館。

だけど場所的に「明日も仕事があるからなぁ・・・。」って行くのを断念し続けてきた会場だ。

 

今回、自分の足を使ってことまで来て

「やっぱり次の日の仕事にこたえそう・・・。」

っていうことを確認しちゃったなぁ・・・。

 

 

 

 

 

蒲田へ

『京急蒲田』

僕が仕事を手伝い始めた頃、取引先が京急蒲田駅とJR蒲田駅の間にあって半年に一度はここへ来ていた。

あの頃の京急はまだ高架ではなく、この場所からJR蒲田駅までドーンと見えていたのだが今は全く違う光景になっている。

 

取引先のおじいさんが仕事を引退してしまい10年以上来なかった間にこんなになっているなんて。

軽い浦島太郎気分を味わっちゃったなぁ・・・。

 

 

PIO

 

『PIO』

京急蒲田駅の道向かいに行列が出来ていた。

その行列に並ぶ人々から「古いオタク」臭がプンプンしていて、これは僕と同じ側の人間たちだなってピンときた。

 

帰宅後、その日の大田区産業会館で行われたイベントを調べたら「同人誌を売ったり買ったり」するイベントを多数やっていて「やはり」って自画自賛しちゃったなぁ・・・。

2018年05月14日

自転車で川崎へ その3

180511heiwajima

(前回までのあらすじ)

都内でやっているレンタサイクルにこの4月から品川区と大田区が加わった。

「ということは自転車で川崎の手前まで行けるじゃん!」

ってひらめいた僕は仕事場のある下町深川からレンタサイクルに乗ってアメフトを見るために川崎(富士通スタジアム)へ向かった。

 

鮫洲入江広場

 

『鮫洲入江広場』

スタート時に「充電80%」だったレンタサイクル。

ここまで走ってきたら「充電30%」を切りそうな状態。

残りの距離を考えたら最後までバッテリーが持ちそうもないのでここで一旦返却手続きをして、別の自転車に乗り換えた。

 

乗り換えた「充電90%」の自転車が目的地に着いたときには「充電50%」だったので僕の行動は正解。

ただレンタサイクル以外で電動アシスト自転車に乗る機会がないので残りの走行距離を読むのが難しいんだよなぁ・・・。

 

 

 

鈴ヶ森

 

『鈴ヶ森』

ラジオの交通情報を聞いていてよく出てくる地名『鈴ヶ森』。

休日だったこの日も交差点は自動車であふれてごった返していた。

看板に偽りのない混み方を見て

「自転車に乗っているときに見る渋滞は楽しい。」

という気分になっちゃうんだよなぁ・・・。

 

 

 

 

大森海岸駅

『大森海岸駅』

国道15号線の歩道を走っていたら大森海岸駅手前で急に人混みが凄くなった。

(ママチャリで15号線の車道を走る勇気が僕にはなかった)

駅から次々とこちらへ向かってくる親子連れに

「何?お祭り?」

という”田舎から上京してきた人が東京に初めて来たときときあるある”みたいなことを考えながら横見たら『しながわ水族館』の入口があった。

 

暑かったこの日。

「そりゃ水族館だよ。」

って妙に納得した。

子どもたちにとっては魚を見に来たのか?人混みを見に来たのか?わからない感じになるんだろうなぁ・・・。

 

 

平和島

 

『平和島競艇が見えるビル』

ボートファン垂涎の『平和島競艇が見られるマンション』。

「ここがそうなんだぁ。」って嬉しくなってカメラを構えていたらマンションの駐車場の方から

ドォルンルンルンルン・・・ドォルンルンルンルン・・・

という重低音が聞こえてきた。

 

そしていかにもそれっぽい格好をして、とんがったサングラスをかけた二人組がハーレーダビッドソンに跨がって駐車場からこちらから向かってくるのを見て重低音の正体を確認した。

 

マルボロマン2人がどんどん近づいてくるので

「ああ、ボート業界はヤバイもんなぁ・・・撮ってはいけないものを撮ってしまったのかなぁ・・・。」

と最悪の状況を覚悟していたが、ハーレーダビッドソン2台はドォルンルンルンルン・・・と僕の横を通り過ぎていった。

 

田無教習所の横でハシモがバイクに乗ったヤンキーから「おいっ!」って声をかけられて「はい!」と返事してしまった時の気持ちはこんなんだったのだろうなぁ・・・。

 

 

2018年05月11日
» 続きを読む